――― Marky on the WEB
青木将幸ファシリテーター事務所

 

───────────────────────────
「松木正さんと、火のワーク 2日間」
2013年10月22日 ー 23日 @淡路島
───────────────────────────

 

「ある人が組んだ薪で燃え上がる炎は、その人の人生そのもの」

この言葉を教えてくれたのは、パートナーの京です。
僕たちが結婚する前に、京は、松木正さんのワークショップに参加したことがあり、
その時に松木さんから頂いた言葉。

なんでも、参加者がそれぞれ、森の中に入っていって、
薪を拾ってきて、それらを組みあげ、火をつけるんだそうです。
で、ある高さに張った麻紐を、炎で焼き切ることができるか?っていうワークらしい。

せっかちな人は、せっかちに薪を組みあげ、丁寧な人は、丁寧にそれをするでしょう。
なかには考えすぎる人や、雑だけどなんとかする人、構想力はあるけど実現力がない人もいる。
工夫を凝らす人、愚直な人、様々・・・。

京から話しを聞いていて、
見えてくるものが色々とあるんだろうなぁ、と僕は思いました。

「で、麻紐は切れたの?」 と聞くと、京は、
「私はね。たしか20人ぐらいいたけれど、あと二人が切れたかな。」
と教えてくれました。

この話を聞いた時、僕はちょっと怖くなりました。

「えー、20人中、たったの3人?」
「じゃあ、17人は、<私は切れなかった、、、>という思いを持ち帰えって、一生を生きるわけ?」
「僕はどうだろう? たぶん焼き切れないんじゃないだろうか?」
「こんな僕が、見事、焼き切ったこの人と、結婚する資格はあるんだろうか・・・?」
「17人は何を持ち帰ったんだろう・・・」

など、いろいろ感じるところが、ありました。

でも、何かしら惹かれるものがありました。

松木正さんのワークには、一度、どこかで参加するぞ、と。
でも、今がそのタイミングじゃないんだろうな、とも思いました。

その後も、何度か松木さんのワークショップに参加しようと、
日程を調整したり、申し込んだりもするのですが、
なぜか、ことごとく、参加できない事情となり、今に至っています。

そんなこんなで、結婚10周年、事務所設立10周年を記念して、今回の企画に至りました。

僕も体験したことがない、松木正さんの「火のワーク」です。
いっしょに参加して下さる方、ぜひおいで下さい。

◆講師紹介
松木正さん(マザーアース・エデュケーション)

1962年・京都府生まれ。
キャンプカウンセラーやYMCA職員を経て、1989年渡米。
ラコタ族の居留地区に入り、自然観・生き方・伝統儀式などを学ぶ。
帰国後、彼らの儀式をとり入れた環境教育を開始。
現在、マザーアース・エデュケーションで環境教育を軸足に幅広い活動を展開している。

詳しいプロフィール
http://www.mee-cante.com/aboutus/index.html

松木さんは、僕が心から尊敬するファシリテーターのお一人です。
僕は、松木さんのワークを体験したことはないのですが、インタビューをしたことがあります。

そのときの記事:
http://www.skunkworks.jp/genryu/1020

そのなかで、僕が衝撃をうけた下りが2つあります。その一つは、これ。

松木:よく学校の先生方から「松木さんたちはワークショップの時だけのつきあいかもしれませんが、私たちはこの子どもたちを6年間みてるんですよ」なんて言われるけどね。
「いやいや違います。僕らはワークショップの2日間しか会わないけど、その2日間で、この子の人生すべてに関わるくらいの気持ちでつき合ってます」って思っているのよ。

うーん、すごいですよね。
僕はこの話を聞いて衝撃を受けて以来、一期一会の出会いでも、その人の人生に何かしらよきことが訪れますように、と思って仕事をするようになりました。

もう一つは、お金で仕事を断らないっていう話。
これはホント衝撃だったなぁ(かつ実践できてない)、、、、ぜひ読んで下さい。

 

◆とき
2013年10月22日(火) 10:30 開始 ←火のワークだけに、火曜日^^
    10月23日(水) 15:30 終了予定

※東京、名古屋などからも、品川発6:00発のぞみ99号で到着できます
 新神戸駅から地下鉄で1駅の 三ノ宮 9:00発みなと観光バス淡路島特急にご乗車下さい

◆ところ
里山フィールド淡路島マンモス
http://awaji-mammoth.com

ならびに
隣接するペンション・コサージュ
http://www.awaji-corsage.com
(兵庫県淡路市木曽下1267)

◆対象
どなたでも参加できます。
自分の人生をじっくり見つめ、深めようというタイミングの方は、とくに歓迎。
親子やカップルでの参加も可能です。

◆参加費(一人あたり。お子さんの参加については、ご相談ください)
宿泊あり 43,000円
宿泊なし 33,000円(通い参加。ただし初日の夜は遅くなる可能性があります)

◆定員 15名程度

◆参加申し込み
以下の内容を「office@aokiworks.net」までメールにておしらせ下さい
メールタイトルは、「火のワーク申込(あなたのお名前)」でお願いします。
名前/メールアドレス/携帯電話番号/性別/実年齢
ふだん何をしている人ですか?/参加にあたって一言

※基本的に同性相部屋の予定ですが、
 個室希望、家族同伴希望等ありましたら別途ご相談に応じます

◆主催 青木将幸ファシリテーター事務所
TEL: 090-6535-0248
FAX: 0799-38-0209

===

●松木正さんの著書・・・

あるがままの自分を生きてゆく インディアンの教え


自分を信じて生きる―インディアンの方法