——— MarkyontheWEB
青木将幸ファシリテーター事務所

 


───────────────────────────
熱血婚活コーディネーター・荒木直美さんに学ぶ
〜婚活イベントの極意〜
2019年4月29-30日@淡路島
───────────────────────────


「婚活界の松岡修造」「結果にコミットする女」と呼ばれる熱血系の婚活コーディネーターがいる!
この記事を見て、僕は、びびびっと来ました。「この人、、、なんか、すごいぞ!」

https://withnews.jp/article/f0181130000qq000000000000000W09f10101qq000018422A

荒木直美さんは、熊本在住の婚活コーディネーター。
これまでの20年間で、様々な婚活事業を展開し、1000組を超えるカップルを成立させてきた強者だ。
街中でやる婚活ではなく、あえて阿蘇山などでの「山コン」をしかけ、
山を越え、川を渡るなかで男女が近づくシーンをつくる。
お互いの自己紹介やアイスブレイクにも独特の工夫がされ、
きわめつけは男女別室にて行われる「事前レクチャー」が強烈に効くそうだ。

記事によると、荒木さんの婚活はこんな雰囲気らしい。

−−−−−−

最初、輪になって全員総当たりで1分半ずつ会話をさせます。
名付けて『お見合い回転すし』。 これでターゲットを数人に絞らせます。
そして『○時には、誰がいいか書いて出してもらう』と言っておくと、
人はそれに合わせて行動するものです

イベント中も声をかけ続けます。婚活の『活』は『喝』だと思っていますから。

男子には、
『女性を一人ぼっちにするのは失礼なことなんだよ』
『婚活はスポーツだ。考えるな、感じろ』と。 気合を入れる。
女子には、
『群れるな。サバンナに1頭立つシマウマになれ』と。

婚活が終わった翌日になって
『あの人が良かったから連絡先を知りたい』と言ってくる人がいるが、絶対教えません。
参加者には『明日やろうは、バカ野郎』と復唱させます。
『職場で男は女の尻を追えないし、女はぶりっ子したら嫌われるだろ。
でも婚活イベントはそれが堂々とできるんだから』と。


−−−−−−

おおお! 
どれも興味深い。この声かけ、意気込み、進め方には、何かすごいものを感じる。

荒木さんのあり方や、進め方、ワークの組み方、男女の出会いの作り方には、
今の時代に必要なエッセンスが、ぎゅっと詰まっているような気がする。
アイスブレイクの仕方も、参加者との関わりも、
僕自身のファシリテーションのスタイルと異なるからこそ、
たくさんのことが学べそうだ。違いとは、学びのチャンスだ。

そもそも、僕は、熱心な婚活推進者ではない。
男女は別に結婚しなくてもいいだろうし、性は多様であるとも思っている。
シングルの男女をくっつけたいというおせっかいな気持ちも、それほど強くはない方だ。
それでも、「結婚したいのにできない」と悩む友人がいれば、親身になって相談にのってあげたいし、
よきご縁がありますようにと願って、ささやかながら、そういう機会を設けることもある。
(でも、力及ばずながら、なかなか結果にコミットできていない)。

やはり「結果にコミットする」というのは、すごいことだ。
この不確定な時代、成果を出し続けるのは相当に困難なこと。
それを20年やり続けてきた熱血婚活コーディネーター・荒木直美さんから、じっくりと学んでみたい。
僕の仲間たちが日本各地で、婚活イベントなどをしかけてもいるので、一緒に学ぶと、きっと面白そうだ。
そう思った僕は、記事を見た直後に「ぜひ淡路島に来て下さい!」とラブコールを送った。
荒木さんは、快くOKして下さった。

というわけで、荒木直美さんをお迎えして、婚活イベントの極意を深める機会を設けます。
自分のフィールドでなにかしらの婚活を展開してゆきたいという人が主な対象です。
が、「異分野ではあるけど、これは参考になりそう!」とか僕と同様に「何かびびっと来た!」と思う方、
「荒木さんからカツを頂いて、こっそり自分の婚活も前に進めたい」という方の参加も歓迎です(笑)。

場所は、イザナギ・イザナミの二神が交わって国産みをしたという伝説のある淡路島。
時期は、平成最後の2日間。そう、ゴールデンウィーク10連休中の開催です。
新緑と美しい浜辺のある淡路島に、ぜひおいで下さい。

■日時 2019年4月29日(月・祝)11:00から30日(火・休)16:00まで

■場所:兵庫県・淡路島内の研修施設(参加が決まった方に詳しい案内をします)
  ※東京・名古屋からも朝一番の新幹線にのって間に合う時間です

■参加費:30,000円(宿泊費、食費、プログラム費含む)

■内容:婚活イベントの極意はこれだ!
婚活の企画のポイント/どのように参加者を集めるか?/ふだんどんな風に自己紹介やアイスブレイクしている?/事前の男女レクチャーとは!?/体験してみよう 実際に淡路島のフィールドを使って婚活するとしたら?/イベントのクロージングはどうしてる?/婚活は何をもって成功なの?/考えよう もしも自分の地域で婚活イベントを企画するとしたら? 他

※上記のような内容を荒木さんからのお話しや、体験、実習を通して楽しく学びます。
その他にも「こんなことが聞いてみたい!」というご要望があれば申込時や当日にも遠慮なく聞いてください

■申し込み:以下の内容を
以下の内容をoffice@aokiworks.netまでメールにてお教え下さい

 ※申し込みメールの件名を「婚活企画(あなたのお名前)」として下さると助かります

名前
ふりがな
連絡のとれるメールアドレス
携帯電話番号
性別
年齢(開催時の実年齢:保険加入用)
お住まいの都道府県/市町村
ふだん何をしている人ですか?
参加にあたって一言・二言
移動手段: 自家用車 or 高速バスなど公共交通機関

■ゲスト講師:
荒木直美(あらき・なおみ)さん 婚活コーディネーター・タレント 50歳
長崎出身、熊本在住。九州で約1000組のカップルを誕生させた経歴を持つ。
婚活イベントの企画、コーディネート、本番の司会まで担当。
参加者には本番直前に、婚活にのぞむ際の心構えやカップルになるための必勝法をレクチャー。
全国紙「週刊女性」や朝日新聞全国版で紹介されたオリジナルの婚「喝」語録が話題に。
地元熊本では、テレビリポーターやラジオDJとしても活躍する主婦タレント。
「OSKI」という、次の時代の若者に受け入れてもらえる「新しいおせっかい」を武器に地方の絶望を希望に変えるべく奮闘中。

■ファシリテーター:青木将幸(あおき・まさゆき) 43歳
熊野出身。2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。
家族会議から国際会議まで、様々な会議・話し合い・ワークショップの進行役がおしごと。
2012年より拠点を東京から淡路島に移し、国生み伝説のある島から日本中に出かけている。
婚活イベントについての経験は浅いが、愛情深く世話焼き能力の高いパートナーの京とともに、
結婚を望む友人たちを招いたささやかな食事会などを行うことがある。

■主催:青木将幸ファシリテーター事務所