Marky on the WEB
青木将幸ファシリテーター事務所
更新: 20/11/25 Wed 9:43 am

homeabout 本の紹介マーキー日記
会議進行のご依頼
講師依頼・講座開催の依頼
” 森と〜 ”



義父:山田脩二が写真集を出しました
新版『日本村』1960 - 2020(平凡社)



60年の集大成が写真集に
モノクロ写真を中心に588枚もの写真が収められた大判です
https://amzn.to/2IPscq1

 

義父が写真を手掛けたのが21才の1960年からなので
2020年までの60年間の集大成。
ページをめくると
「なんだ、実は日本はこういう国だったのか?」
と驚く写真が続きます。
懐かしさのある農村から成長する都市まで、
僕はこれまでちょっと誤解していたのかな、
と衝撃をうける内容です。
もちろん淡路島の写真も何枚も。



義父は、
1979年に『日本村』というセンセーショナルな写真集を出していて、
今回はその新版となるのですが、
全くといっていいほど、ベツモノの存在感。
友人が
「これは、夜な夜なお酒を飲みながらじっくり読みたい」
と買ってくれました。

かなり分厚い写真集なので、
値段も相当します(定価12,000円+税)。
僕だったらそんな高価な物を、
おいそれと買って下さいと誰かに言いにくいのですが、
義父はかまわず、筆で手書きした手紙をしたため
友人・知人・親類につぎつぎと出してゆくのです。

「私事です。日々、一応、元気な振りをしながら不要・不急・無用の超スーパー高齢者の明け暮れです。この二十年余り、何が還暦・古稀・喜寿……ダ!と過ぎ去り、昨年、傘寿も超えました。暇に飽かして終活などしていると、20歳の頃から60年間のモノクロ写真のネガとプリントがあれこれドサーっと残ってあり、思い起こせば、その都度いい仕事に恵まれ、よい酒を呑み酔い続けてた時の光と影の強い”写真たち”を大事に見納め、見送る始末をしなければ……と思い立ち、自ら勝手に、山田脩二流に企画・編集・デザインして仕舞いの写真集の出版に思い至りました。次々と旅立っていった友人・知人・粋人・酔人?たちへの冥土の土産にでなれば……と」
といった調子の手紙が届くのです。

ある知り合は
「あんな思いのこもった手紙を頂いたら、買わないわけにいかない」
と話して笑いました。

なんといっても81歳という年齢で
そういうパワフルな声かけができるのは、実にすごい。
印刷された写真集が大量に我が家に届いたときは
「これが在庫の山にならないといいが」
といらぬ心配をしたのですが、
あっというまに注文が集まり、
次々と当人の手によって発送され、
出版社に追加発注する様を見て
「うーん、参りました」と義理の息子は思うのでした。

自分自身が81歳を迎えたときに、
こういう働きができるか、甚だあやしい限りです。

淡路島内ですと
額縁と珈琲のお店 NeKi(南あわじ市松帆)で
写真集を見ていただくことができ、
坂本文昌堂シーパ店にて購入も可能です。

もしもよろしければ手にとってご覧ください!




青木将幸ファシリテーター事務所
青木将幸・青木京

お問い合わせやご相談は、
メールにてお気軽に。
(電話は取れない事が多いです)

〒656-0341兵庫県南あわじ市津井1787-1
office@aokiworks.net
TEL:090-6535-0248
FAX:0799-38-0209



Copyright © aoki facilitator office. all rights reserved